「水素水」通販比較

「水素水」が人気

仙寿の水」等のCMを見る機会が多いので「水素水」に関心を持たれ方は多いのではないでしょうか?

 

週刊誌や雑誌でも、頻繁に取り上げられています。
実際のところ、30~50代女性のなんと、約75%が「水素水に興味あり!」と答えています。
「水素水」が男女を問わず大ブームになっています。

 

「水素水」とは普通の水、ミネラル水と何が違うのでしょうか?
そして、どういう効能・効果があるのでしょうか?

 

「水素水」商品は複数のメーカーから販売されています。
「水素水」商品の選び方とは?
当サイトでは「水素水」商品を比較して、オススメの商品をご紹介いたします。

 

「水素水」とは?

 

「水素水」とは、水素分子(水素ガス)を含む水のことです。

 

水の分子式はH20です。
水は水素原子2個(水素分子1個)と酸素原子が1個、結びついたものです。

 

元々、「水素分子」が含まれているように思えますが、どういうことでしょうか?

 

水は液体です。
しかし、水には「酸素(分子)」が溶けています。
魚が水中で息ができるのはその「酸素(分子)」のお蔭です。
要は液体に気体が溶けている状態です。

 

水素も「酸素(分子)」と同じく水に溶けています。
通常の水の中では、水素は安定した状態で結合しています。
電気分解で水素だけを分離させ水に溶け込ませた水が水素水です。

 

では、「水素水」にはどのような効果・効能が期待されるのでしょうか?

 

「水素水」の効果・効能

 

「水素水」の効果・効能を一言で言えば、「アンチエイジング(老化防止)」です。

 

「アンチエイジング(老化防止)」というとポリフェノール等の抗酸化物質が思い浮かびます。

 

水素のパワー抗酸化物質と比べてみると一目瞭然です。
それだけ酸化還元力が強いということです。

 

・ビタミンCの176倍
・オレイン酸の282倍
・タウリンの129倍
・βカロテンの536倍
・ビタミンE(αトコフェノール)の430倍
・カテキンの290倍

 

ここで、何故、抗酸化物質が「アンチエイジング(老化防止)」に良いかを見ていきます。

 

老化と活性酸素

 

切ったリンゴが空気(酸素)に触れて茶色く変色するのはご存知でしょう。あるいは、金属が錆びるという現象。

 

これらは酸化現象といいます。
実は、体の内部でもこれで同じこと起きています。

 

「老化」=「酸化現象」という専門家もいます。

 

体の中で細胞を酸化しているのが「活性酸素」です。
「活性酸素」には「善玉」と「悪玉」があります。

 

呼吸により取り込んだ酸素の約2%が「悪玉」に変異します。

 

「善玉」は、私たちの体に外から侵入した菌やウイルスといった異物をやっつけるために、白血球から放出される物質で、身体を感染から守るために非常に重要なものです。

 

一方、「悪玉」は私たちの体を作り上げている細胞表面にある細胞膜を構成する不飽和脂肪酸を酸化させて、過酸化脂質に変化させ、細胞自体、ひいては組織や生体そのものを老化させてしまいます。

 

活性酸素発生の原因には次のようなものがあります。

 

●不規則な生活
●食品添加物・化学物質
●タバコ
●肥満
●ストレス
●過激な運動
●汚染ガス
●電磁波
●紫外線

 

元々、人間の身体には「活性酸素」の攻撃から身を守るため、"抗酸化力"が備わっています。
しかし、この力は加齢と共に低下していきます。

 

病気の原因の90%が「活性酸素」と言われています。

 

そこで、抗酸化物質を摂取することでこのリスクを抑えようと、ポリフェノール等を含む食品やサプリが注目されています。

 

 

では、この抗酸化物質と「水素水」は何が違うのでしょうか?

 

抗酸化物質と「水素水」の違い

①分子サイズの違い
物質は分子サイズに違いがあります。

 

分子サイズとは分子量のことであり、主な抗酸化物質の分子量は下記の通りです。

ビタミンC:176/ポリフェノール:221/カテキン290/ビタミンE:431/コエンザイムQ10:863

 

分子サイズが何に影響するかということですが、分子サイズが大きいほど、細胞の内部まで入っていけません。

 

その点、水素の分子量は「2」。
「水素水」だけは、体のすみずみまで入っていける、というわけです。

 

さらにもう1点、「水素水」と抗酸化物質の大きな違いがあります。

 

②体内に蓄積されるかどうか?
通常の抗酸化物質は「活性酸素」とくっつくことによって、自らが酸化物に変化し、体内に蓄積されてしまいます。

 

一方、水素は「活性酸素」と結びつき、水として排泄されるため、蓄積はされません。

 

③悪玉と善玉
通常の抗酸化物質は悪玉も善玉も関係なく、反応してしまいます。

 

一方、水素は悪玉活性酸素だけに反応し、無害化します。

 

このように「水素水」が悪玉活性酸素を無害化してくれる体にとって良い物だということが分かりました。

 

シミ・シワも「活性酸素」が原因ですので、女性の関心が高いのもうなずけます。
それでは、「水素水」商品にはどのような種類があるのでしょうか?

 

「水素水」商品の種類

 

「水素水」商品には次のタイプ(種類)があります。

 

①ドリンクタイプ
②サプリタイプ
③水素水生成器タイプ
④サーバータイプ

 

各々のメリット・デメリットを見ていきましょう。
①ドリンクタイプ[水素生活を始めるならここから]
ドリンクタイプの入れる容器にはペットボトル・アルミ缶・アルミパウチがあります。
「水素水」は水に「水素ガス」を封入したものであり、時間と共に抜けていきます。
その点、最も扱いやすいアルミパウチがドリンクタイプの主流です。

 

◇メリット:すぐ飲める。持ち運べる。
◇デメリット:約半年で水素濃度はほぼゼロになる。高い。
詳しくは⇒「水素水」ドリンクの選び方
「水素水」ドリンクの比較表⇒「水素水」ドリンク比較
オススメの「水素水ドリンク」⇒ 「水素水ドリンク」ランキング

 

②サプリタイプ
◇メリット:すぐ飲める。持ち運べる。水と違って水素量が多い。
◇デメリット:商品がまだ少ないです。

 

③水素水生成器タイプ
◇メリット:作りたてが飲めます。持ち運び可。
◇デメリット:水にスティック等を入れて「水素水」を作ります。但し、30秒以上かかります。

 

④サーバータイプ
◇メリット:作りたてが飲めます。持ち運びは不可。
家族で使うならドリンクタイプよりコスパは良いです。
◇デメリット:自前で水素水を作るので飲めるまでに3分以上かかります。

 

※①及び②以外は自前で水素水を作るのでいずれも「水素水生成器」です。
しかし、当サイトでは③及び④に分類できない商品を「水素水生成器」項目にしてあります。

 

「水素水」の選び方

 

上記で見てきたように、「水素水」商品で一番のオススメタイプはドリンクタイプです。

 

そして、「水素水」の良さが分かり、家族で使いたいという方には、ドリンクタイプ+サーバタイプになると思います。

 

しかし、「水素水」商品は複数のメーカーから販売されています。
何を基準に選べばよいのでしょうか?
これについては「「水素水」ドリンクの選び方」をご覧下さい。

 

「水素水」の効果的な飲み方

 

1日に500ml~1Lが理想的です。
1日を通してこまめに飲むことをおすすめします。

 

体内の悪玉「活性酸素」は人によって違います。
まずは、毎日、1袋ずつ試してみて体調を見ることをお勧めします。

 

水素は時間と共に抜けていきますので、「開けたらすぐ(2~3時間以内に)飲むこと」が大事です。

 

いつ飲むかについても決まりはありません。
下記のタイミングで飲む方が多いようです。

 

第1位:起床時
第2位:入浴前後
第3位:就寝前

 

但し、トイレの回数が増えたというお声もありますので、就寝前の飲み過ぎにはご注意ください。
※これは体内の悪玉活性酸素と水素が結合して水となって排出されるていることを意味します。

 

「水素水」の副作用

 

摂取し過ぎによる副作用の事例はありません。

 

体に入った水素は悪玉「活性酸素」と結びつき、水となって対外に排出されます。

 

水素はもともと、水の中にも存在する分子。

 

余った水素は体外に排出されるため、摂り過ぎる心配や残留による健康被害もありません。

 

 

「水素水」風呂

 

水素は肌からも吸収されます。
「水素水」風呂に入ることは美容にも健康にもよいです。

 

ご自宅のお風呂が高濃度風呂になる「家庭風呂用水素発生器」も開発されています。

 

女優さん、セレブ層で大流行といいます。

 

簡単なものでは水素が発生する入浴剤もあります。

 

お風呂で心身共にリフレッシュしたいですね。