「水素水」ドリンクの選び方

「水素水」ドリンクの選び方

ドリンクタイプの「水素水」は手軽に始められます。
しかし、ドリンクタイプ故のデメリットもあります。
「水素水」ドリンクは複数のメーカーから販売されています。
何を基準で選べば良いのでしょうか?
「水素水」ドリンクの選び方についてです。

 

 

「水素水」ドリンクのメリット

「水素水」ドリンクのメリットは次の2点です。

 

①携帯できる。
②すぐ飲める。

 

「水素水」ドリンクのデメリット

「水素水」ドリンクのデメリット(欠点・短所)と言えるものは次の2点です。

 

①水素が抜けやすい。
②値段が高い。
他の「水素水」商品に比べると値段が高くつきます。

 

「水素水」ドリンクは何故、水素が抜けやすいのか?

水素が分子サイズが小さいということが「水素水」が抗酸化物質と比べて優位な最大のポイントです。

 

分子サイズが小さいが故に体の隅々まで入っていく事ができます。

 

しかし、これが逆に「水素水」の短所でもあります。
それは、分子サイズが小さいが故に「水素が抜けやすい」という点です。

 

 

容器による水素の抜けやすさ

容器によって"水素の抜けやすさ"に違いがあります。

 

◇ペットボトル
すぐに水素が通り抜けてしまい、数日で水素濃度は0に。

 

◇アルミ缶
アルミ缶内の空間に水素が抜け出し、栓をあけた瞬間に水素が抜け出します。
長期保存は可能ですが、濃度は低い。※製造日から3か月後で水素濃度は0.3~0.5ppmに。

 

◇アルミパウチ
水素を通しにくい材質ですが飲み口のキャップ部分から水素が徐々に抜け出し、約半年で水素濃度はゼロに。

 

「水素水」ドリンクは何故、高いのか?

以上から「水素水」ドリンクの主流はアルミパウチです。

 

そして、4層構造にすることで水素が抜けるのを抑えることができます。

 

しかし、これが「水素水」ドリンクが他の商品に比べて高くなる最大の理由です。

 

「水素水」ドリンクの選び方

「水素水」ドリンクの選び方のポイントの主なものは次の3点です。

 

①水素濃度で選ぶ
水素は時間の経過とともに抜けていきますので、充填時の水素濃度が高いものを選ぶことが最大のポイントです。

 

②水の素材で選ぶ
さらに美味しさを追求するなら水にこだわった「水素水」ドリンクを選びましょう。

 

③価格
「水素水」はずっと続けていってこそ、健康・美容に効果を発揮します。
そこで問題になるのが費用です。

 

大抵、定期お届けコースを契約すると価格が安くなります。

 

また、「いきなり定期お届けコースは不安」という方にお試しセットを用意しているメーカーもあるので、利用してみるのも良いでしょう。
詳しくは⇒『「水素水」ドリンク比較』